2017年11月24日

優等生を演じる生活


任意整理をする事になったとき、かなり生活は追いつめられていました。家賃、電気、ガス、水道と。携帯電話代だけは滞納していなかったのは、自分の電話が使えなくなるのは良くはないけど良かったが、家族の電話が使えなくなるのが良くなかったから。借金で債務整理していることを家族にはバレたくなかったから、優等生の自分を演じていたかったから。

******スポンサードリンク******

6

*********************



昨年の後半からは、随分と滞納し、支払いが遅れていた水道代を通常の引き落としで支払えるようになり、月遅れで支払っていたガスも通常に。最終通告が来たら支払っていた電気も通常になりました。
滞納さえしなければ、毎月の金額は高くないけれど、溜め込むと何ともきつい金額です。
コツコツ支払うことの大切さが身に沁みます。

多分、母親に今の状況を話せば、全て返済してくれて、このカツカツの生活から解放されると思います。でも、自分で借りたお金を返済できず、親に払ってもらった情けない娘と思われたくないと言う、薄っぺらな優等生のプライドが、誰にも言えない借金返済を支えているのかな。

母の日とか、誕生日とか、お金に困ってないふりしてプレゼントを贈ります。

早く、見栄をはったプレゼントではなく、心からお祝いしてのプレゼントを贈れるようになりたいです。

今日1日、灯油が切れてこたつに籠りました。
真冬のストーブのありがたさを痛感してます。
明日は、待ちに待った給料日!灯油買います!









債務整理を悩んでいる方へ


弁護士事務所のドアをちょっと叩くだけで、 借金返済は劇的に変わる場合があります。

 任意整理する前は、返しても返しても利息充当分となり、 なかなか元本が減らずに、利息を払うために働いているようでした。 

本当に切羽詰まる前に、相談だけでもしてみませんか? 
地元の法律事務所で無くても、依頼は引き受けてくれます。
 実際、私は北海道に住んでいますが、 東京の法律事務所に依頼しました。
 直接面談する事は無く、弁護士さんとは電話で1度話しただけで、 書類のやり取りも、依頼契約と和解書の受け取りのみ。 

自分で思っているほど、法律事務所の敷居は高くないのです。 

とりあえずは、無料電話相談してみるのが良いかもしれませんよ。  



******スポンサードリンク******

6

*********************




にほんブログ村

 にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村








posted by 綾香 at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする